MENU

豊田早苗監修 あがり症改善プログラムの手法とは?

 

トップページでもお伝えしたように、豊田早苗さんは心療内科、精神科の現役の医師です。

 

ですから元アナウンサー、話し方教室の講師といった”経験”をもとにした他の教材と違って、
最新の心理療法を取り入れている点があがり症改善プログラムの最大の特徴ではないでしょうか?

 

その最新の方法が「EFT療法」です。

 

EFT療法とは?

 

■ タッピングによって感情的な苦痛やストレスを解消する

 

EFTは、エモーショナル・フリーダム・テクニック(Emotional Freedom Technique)
の頭文字をとったもので、アメリカ人のエンジニアであるゲアリー・クレイグが、
米国心理学のパイオニアのロジャー・キャラハン博士が、1970年代の終わりにつくりあげた
TFTという治療法の効果はそのままに、よりシンプルな方法として開発しました。

豊田早苗監修 あがり症改善プログラムの効果は?

 

EFT療法=心へのツボ療法

 

EFT療法

TFT療法もEFT療法も、日本や中国でいう”気=体のエネルギー”を整える

ことによって、感情的な苦痛やストレス、
またそれに伴う身体的症状を解消するテクニックなんです。

 

日本でも、最近になってセラピーやセラピストという言葉を聞く機会が
増えてきましたが、まだまだ馴染みが薄いかもしれませんね。

 

しかし、EFTは従来のセラピーに比べ迅速で、
安全に効果を生み出せるという事から、心理療法の世界でも注目されています。

 

また、米国政府機関で根拠のあるの治療法として認められているんです。

 

基本的な方法は、解消したい感情的、精神的な問題を言葉に出しながら、
おもに顔や胸周辺のツボを指で軽く叩くだけです。

 

そしてEFTの大きな特徴は、誰でも身につけられ、自分自身で出来る事なんです。

 

そしてこれまでにその効果が認められている症状は...

 

*依存的欲求の解消(煙草、薬、アルコール、特定の食べ物等)
*各種のアレルギー

EFT療法とタッピング

*怒り

*不安やパニック発作
*呼吸困難
*おねしょなど、子供の問題
*強迫的衝動、強迫観念
*鬱、悲しみ
*何かを失ったための悲嘆
*罪悪感
*爪を噛むなどの癖
*不眠
*ネガティブな思い出
*悪夢
*各種肉体の痛み
*外傷後ストレス障害(PTSD)のストレス
*優柔不断(先延ばしの癖)
*性的虐待の問題
*薬による副作用

*各種ストレス

 

また、これらに関係のある体の痛みや不快感も改善していくんです。

 

これは大げさな話ではなく、
病気により車いすの生活を5年も過ごした人がEFT療法により、仕事に復帰しているんです。

 

よろしければ、その体験談をこちらの動画からご覧になってみてください。

 

*音声が出ますので注意してくださいね

 

 

 

また、以下の事を高めるためにも効果を挙げています。

自信が出てくる

*集中力

 

*自信

 

*感情のコントロール

 

*病気の治癒や回復

 

*仕事、学校、趣味などでのパフォーマンス

 

*人間関係

 

*リラクセーション

 

*自分に対するイメージ、自己認識

 

豊田早苗監修 あがり症改善プログラムのポイントとEFT療法のやり方

■ 否定的な感情が行動にブレーキをかけている
■ このブレーキをあがり症改善プログラムではずす

 

「○○ したい。でも…」
こういったパターンで、思うように行動できないことは、誰にでもあることだと思います。

 

「でも…」の正体は、私たちの行動にブレーキをかけているネガティブな感情です。

 

EFT=心へのツボ療法は 、
ネガティブな感情という重しを解放し、行動力を高める強力な方法なんです。

 

あがり症の改善だけでなく、新しい自分になりましょう!

 

とよだクリニック監修 あがり症改善プログラム